病棟看護師の主な仕事内容

わかりやすく丁寧に掘り下げる病棟勤務

主な仕事内容

主な仕事内容
LINEで送る

病棟看護師の役割

病棟看護師は入院患者の日常のケアと医師の指示を受けて検査や処置を行います。入院患者は今まで自宅で生活を送っていた状態から病院に変わります。入院したからといって食事や排泄などの日常的なことから離れるわけではなく、入浴などの清潔保持も同様に行っていくこととなります。しかし病気や高齢化に伴い、以前の生活と変わりなく行えることができないこともあります。病棟看護師はこういった病気や怪我といったことが原因となり、できない生活行動を手助けする役割があります。それは食事の補助であったり、自力で寝返りができない人の体位交換など様々です。
すべての病棟看護師が同じ役割を持つことは稀で、基本的には正社員や契約社員といった雇用形態によって役割が分けられています。正社員や常勤で働く看護師は時間外労働を率先して行っていくことが求められますし、リーダー業務などの担当や勉強会、委員会などへの出席も求められます。そしてバイトや派遣といった非常勤雇用であれば処置係や検査係など、自分の受け持ち患者を持たずにフリーで動く役割を担っています。

仕事内容

仕事内容については、日常生活の介助を挙げると、食事介助、おむつ交換、体位交換などがあります。食事介助は入院患者の食事をサポートします。入浴介助も同様に入院患者が清潔な状態を保てるようにサポートをする業務となります。そして足が動かない場合もありますので、移動をするために車椅子に乗せたり押したりすることも大切な仕事になります。
また、医師の指示に従って内服薬や注射薬などを専門的な知識で判断して投与をすることもあります。内服薬の管理を行うことが難しい患者もいますので、服薬の管理も仕事となることがあります。そして治療の経過を観察するために医師の指示に従って採血を行い検査をする仕事もあります。採血は血管に注射を打つこともありますので、やはり薬の投与と同様に専門的な知識を持って行います。

仕事の流れ

仕事の流れとしてはまずバイタルサインの測定や排便の有無などから状態を確認します。そしてコミュニケーションを取って患者の表情や言動をしっかりと観察します。病院によって曜日によって保潔の担当が決まっていることがありますので、自分が担当となる曜日にはその担当の保潔を行っていくこともあります。24時間体制で患者をみていくことになるので、基本的には時間に合わせて自分の業務を行っていくこととなります。

あなたにおすすめの記事はこちら!

転職前に見つめなおす

転職を成功させたいと思うのは転職を考えている人であれば当たり前です。そんな当たり前に考える転職を成功させるために知っておきたいことを紹介します。

主な仕事内容

病棟で勤務する看護師の主な仕事内容について紹介しています。病棟看護師と外来の看護師などと比べてその仕事内容を紹介しています。

CATEGORY