わかりやすく病棟看護師の仕事内容を紹介

わかりやすく丁寧に掘り下げる病棟勤務

病棟で働く看護師の仕事内容

病棟で働く看護師の仕事内容について、基本的な仕事内容と日勤と夜勤での違いなど様々な観点から紹介します。病棟看護師の役割は共通して医師の観察や診療の補助を行って、患者とその家族に対して支えとなることにあります。しかしその病棟看護師の中でもその病院の特徴や規模によって仕事内容が変わることもあります。こういった部分も含めて病棟で働く看護師の様々な仕事内容を理解できるように幅広く紹介していますので、病棟看護師の仕事内容を理解するためにご参考ください。

  • 主な仕事内容

    病棟看護師は入院患者の日常生活のケアと医師の指示を受けて検査や処置を行うのが役割となっています。治療を目的とした仕事内容はもちろんですが、治療をスムーズに行うことができるように医師をサポートすることが主な仕事内容となっています。具体的な仕事内容には患者の精神的なサポート、そして病気や怪我によって今まで行えた動作を補う食事介助や入浴介助があります。今まで自宅で生活を送っていた患者が病院に場所が移った中でも快適に過ごせるように努めます。

    主な仕事内容
  • 日勤と夜勤の違い

    病棟看護師は24時間患者を看護する必要がありますので、日勤と夜勤でシフトを組んで看護を行います。そして看護師は日勤も夜勤も基本的に、患者のためにバイタルチェックや様々な支援、薬剤の投与などの仕事があります。しかし日勤の仕事のメインは患者が起きて活動している時間帯に仕事をしており、逆に夜勤の仕事は患者が寝ている間に仕事をすることとなります。そのため患者の動きに合わせて仕事内容も変化していますので、その違いについてここでは紹介しています。

    日勤と夜勤の違い
  • 病棟の規模や特徴で仕事内容が変わる

    医師の観察や診療補助をしながら患者とその家族の助けとなる役割を持っていることはどの病棟看護師も共通の役割です。しかし看護師は診療科によって仕事内容が変わることはもちろん、その病院の規模や特徴によっても仕事内容が大きく異なります。ここでは規模や特徴によってどのような違いがあるのかということについて紹介しています。病棟は大きくなればなるほど専門的な知識が求められ、小さい規模では他の領域もカバーできる能力が求められるという点で役割も変わります。

    病棟の規模や特徴で仕事内容が変わる
  • 向いている人の特徴

    看護師に向いている人の特徴としてどのような性格や考え方の人が向いているかを紹介します。病棟で働く看護師の仕事内容からどういった性格をしていると働きやすいと感じるのか、逆に働きにくいと感じてしまうのかをできる限りわかりやすく解説します。病棟看護師の仕事内容はチームワークが大切であること、そして患者一人と接する時間が長いこと、一つのミスが患者の命に関わることも多いこと、などといった特徴から判断しています。

    向いている人の特徴

あなたにおすすめの記事はこちら!

転職前に見つめなおす

転職を成功させたいと思うのは転職を考えている人であれば当たり前です。そんな当たり前に考える転職を成功させるために知っておきたいことを紹介します。

主な仕事内容

病棟で勤務する看護師の主な仕事内容について紹介しています。病棟看護師と外来の看護師などと比べてその仕事内容を紹介しています。

CATEGORY