病棟看護師のメリット

わかりやすく丁寧に掘り下げる病棟勤務

メリットは?

メリットは?
LINEで送る

一人の患者としっかり向き合える

入院中の患者が看護対象となることで基本的に患者のメンバーは固定されています。そして日勤の場合には夜勤の人から受け持ちの患者について申し送りを受けることとなります。自分が勤務していない時間帯の情報も収集することができますので、情報を把握しやすいのが病棟看護師のメリットとなります。
一方で外来の看護師は多くの患者を対応しなければなりませんので、一人一人の情報をしっかりと把握して仕事を進めることが難しいです。予約の状況から判断してそれぞれの患者のカルテを用意したり、それぞれの治療について聞き取りをしていくことになります。そのため多くの人について状況を把握しなければならない分、一人一人の情報を色濃く持つということができません。

専門知識を身につけられる

病棟看護師は患者一人一人の看護についてよく理解して進めていくことが必要です。そのためこの人にはどのような看護をしていくべきなのかといった議題で勉強会を開いたり学習する機会があります。自分の力をつけられる良い機会が多くあり、これらが充実した看護につながっていきますので、専門知識を高めていくには病棟看護師が向いています。また研修も病院内外で多く開かれていますので、積極的に参加をすることでさらに高めていくことができます。

やりがいを感じる瞬間が多い

回復期病棟では脳卒中や神経難病などの患者がリハビリを行って日常生活への復帰に向けて努力をしています。その患者に対して回復する支援を行っていくことで徐々に復帰をしていく様子を間近に感じることができます。レクリエーションなどもありますので患者との関わりをさらに深めて、より回復していく喜びを共感することができます。一対一の関わりが強いのが病棟看護師の特徴ですので、患者が喜ぶ姿や元気になって退院していく姿を近くで見るときに感じられる機会が多いのでやりがいを強く感じることも多くなります。

24時間患者と接する

病棟勤務をして夜勤を経験することで初めて24時間病棟の様子を理解することができるようになります。入院した患者の一日も理解できるようになりますので、一人の患者が治療を受けているスタッフの動きやどのような関わりがあるのかを把握することができます。看護師や医師だけでは治療することが難しいような場面を理解できるようになり、スキルアップにもつながります。そして24時間患者と接することによって患者のニーズも時間によって変わっていくことが自分の目を通して感じることができます。

あなたにおすすめの記事はこちら!

転職前に見つめなおす

転職を成功させたいと思うのは転職を考えている人であれば当たり前です。そんな当たり前に考える転職を成功させるために知っておきたいことを紹介します。

主な仕事内容

病棟で勤務する看護師の主な仕事内容について紹介しています。病棟看護師と外来の看護師などと比べてその仕事内容を紹介しています。

CATEGORY